内科・外科・整形外科・大腸肛門科・炎症性腸疾患(IBD)・便秘・内視鏡検査なら大阪寝屋川の道仁病院|執筆論文解説45 皮膚弁移動術sliding skin graft再建の術後QOL|院長ブログ

オンライン順番受付

072-827-1951

文字サイズ
標準

メニュー

病院長ブログ

2024.05.11

執筆論文解説45 皮膚弁移動術sliding skin graft再建の術後QOL

 狭窄型の慢性裂肛に対する本術式は肛門を広げることが目的ではありません。元は痔核術後の狭窄にたいする術式(Carmel)でした。本邦では慢性裂肛に行われるようになったのです。肛門の緊張を軽減することが目的です。よって広げ過ぎてはならないのです。しかし術中にその尺度となるのは肛門径しかないため拡張度に注目して後ろ向きに検討しました。その結果ガス失禁や便失禁を術後に呈する症例は女性で130%、男性で140%拡張がボーダーラインと考えられました。私たちは以後この数字をメルクマールとして利用するようにしています。