女性の方へ
お母さま方へ

検査のご案内

検査項目
レントゲン検査一般・TV透視撮影・全身CT・移動用一般撮影・骨量測定・排便造影検査
内視鏡検査上部消化管(胃十二指腸内視鏡)・下部消化管(下部消化管内視鏡(大腸カメラ))
超音波(エコー)検査頚部・頚動脈・心臓・腹部
生理機能検査直腸・肛門内圧検査
MRI検査院外へ送迎付

上部消化管内視鏡(胃カメラ)
  • ・苦痛の無い内視鏡検査をしています。鎮痛剤、鎮静剤をご希望に応じて使用しています。
  • ・症状のある方はもちろん、癌家系の方、症状のない方も40歳以上は内視鏡検査を受けられることをお勧めします。
  • ・内視鏡観察でピロリ菌感染しているかどうか判断できます。
  • ・ピロリ菌感染した方は、除菌後も胃癌のリスクはありますので、毎年の内視鏡検査をお勧めします。
下部消化管内視鏡(大腸カメラ)
  • ・大腸癌は年々増加傾向にあり、日本人がんのなかで罹患率は第1位です。ポリープ除去が癌予防になります。
  • ・40歳以上の方は便潜血検査をお受けください。陽性の方や、下血の方はもちろん、突然の便秘、排便障害の方は内視鏡検査を受けることをお勧めします。
  • ・苦痛のない検査をしています。基本的に鎮痛剤、鎮静剤の投与をして楽に受けていただきます。
  • ・検査前にあらかじめ下剤をのんで腸の中を空っぽにして受けていただきます。
  • ・内科、大腸肛門科で予約を受け付けています。一度外来受診にお越し下さい。