女性の方へ
お母さま方へ
放射線科

私達の病院は、安全かつ適切な医療の提供を目指し、地域に貢献できるよう 日々 『親切、丁寧、早く正確に』をモットーにスタッフ一同心がけ放射線業務に携わっています。 画像診断専門医1名・技師2名・専属看護婦1名の計4名のスタッフが、いつでも安心して医療を受けていただけるよう他科との密接な連携を保ち、常に精度の高い画像情報を提供出来るよう技術の向上に努めています。


<<検査内容・一般撮影>>
一般撮影は検査の中で最も基本になる検査です。骨折や変形などの全身の骨の状態、腸管内のガス・肺などの状態、結石・腫瘤など異常陰影のほか、体内の骨や臓器の状態を画像にし情報を得ます。
<<検査内容・X線透視検査>>

  • 食道・胃・十二指腸透視検査
    バリウムなどの造影剤と胃を膨らます発泡剤を飲み、体位を変え食道、胃、十二指腸などの形態や粘膜の状態を観察し、潰瘍やがん、ポリープなどが無いか調べます。
  • 大腸注腸検査
    バリウムなどの造影剤と空気を肛門から注入し、体位を変え粘膜の状態、長さなどを観察し、異常が無いか調べます。
  • 排便造影検査(デフェコグラフィ)
    肛門機能を評価する時に重要な検査です。疑似便を肛門から注入し、排便の動態を透視下に観察し異常が無いか調べます。
  • 腎盂尿管造影検査
    肘静脈から造影剤を注入し、時間経過とともに観察し腎臓、尿管、膀胱の異常を調べます。
  • ヘリカルCT検査
    体の輪切り状の断層像をコンピュタ−で処理し写真を得る装置です。患者さんは寝台に寝ているだけで頭部、胸部、腹部等全身の断層像(輪切り)が撮影できます。肝臓、肺などの悪性腫瘍の早期発見にも威力を発揮します。又、立体的(3D)な観察により、各部疾患の的確な診断にも効果を発揮します。検査時間は約1分です。
  • 乳房X線検査
    近年乳がんの患者数は増加傾向にあります。乳房X線検査(マンモグラフィ)は圧迫板で乳房をはさみ、平らに押さえて撮影します(この時個人差はありますが痛みを伴います)。押さえて撮影する事により、触診ではわからなかった小さな腫瘤、微小石灰化を見つけることが出来ます。
  • 超音波検査
    超音波検査(エコー検査)は体にプローブを当てて出来る検査です。非常に安全でこれといった副作用もありません。当院では、腹部、心臓をはじめ、甲状腺、乳腺、泌尿器、頸動脈、その他軟部組織を行なっております。頸動脈エコーで計測する内中膜複合体厚IMTは専用のIMT計測ソフトで解析します。

装置
一般撮影装置・・・・・1台
X線透視装置・・・・・1台
ヘリカルCT装置・・・・1台
X線乳房撮影装置・・・1台
一般撮影装置・・・・・1台
X線透視装置・・・・・1台
ヘリカルCT装置・・・1台
X線乳房撮影装置・・・1台