女性の方へ
お母さま方へ
大腸肛門科
■
痔瘻(あな痔)

痔瘻(あな痔)解説図

歯状線の肛門陰窩から細菌感染が発生し肛門周囲膿瘍(膿の溜まり)を形成し、多くは痔瘻(膿のトンネル)に移行します。肛門周囲膿瘍は出口のない洞穴ですので痛みを伴うことが多いです。症状は痛みや膿の漏出です。全身的に発熱がでることもあります。

当院では痔瘻をタイプに分けて術式を決めております。痔瘻の基本術式は括約筋温存瘻管くり抜き法です。本術式は肛門括約筋を可及的に温存し瘻管をくり抜くため術後の肛門機能を損なうことが少ないのが利点です。ただし稀ですが腸疾患が原因の痔瘻にはシートン(セトン)法(ゴムによる経時的痔瘻離断術)を行うこともあります。


担当医紹介

大腸肛門科トップに戻る